Clicky

救いの祈り

救いの祈り

 
クスコ゚ーフテヨ: >> 救いの祈り

救いの祈り‐隅の頭ら石はキリスト?
救いの祈りとはどんなことでしょうか?どのようにするのでしょうか? 救いの祈りについてはだれでもこのような疑問を持つのではないでしょうか。

“なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。”(ローマ10:9)

“イエスは答えて言われた。‘まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることは出来ません。’”(ヨハネの福音書3:3)

救いの祈り‐原点に戻る
救いの祈りはイエスのもとに帰るための方法であり、イエスは主であると口で告白して信じるのが新生です。 あなたの心にイエスを迎えるのに同意することは、イエスを主として受け入れることなのです。残念なことに、今日の教会は救いのメッセージに余分な事柄を付けたし過ぎるので救いを困難なものにしています。

では原点に戻りましょう

A. 救いとは、地上の人生が終って次の目的地へ出発するための“パスポート”です。

B. 救いとは、まず初めに救いのメッセージを聞き、それを信じてからイエスをあなたの心に迎える決心   です。

救いの祈り‐簡単なステップ:

  1. イエスがあなたの主であることを心で認める。
  2. あなたの口でイエスは主であると告白する。
  3. イエスはあなたの罪の為に死なれ、3日の後によみがえったことを信じる。
  4. あなたの罪を悔い改め、イエスの名によってバプテスマ(洗礼)を受ける。

救いの祈り‐私達の信仰を知らせる為
救いの祈りは宗教的な決まりきった文句を並べた力のない祈りではありません。 本物の救いの祈りは、キリストは救い主であり主である真理を受け入れ熱心に神に求める祈りなのです。下記は信仰をスタートするときの初めのガイドラインです:

    “神さま、私は今まで自分の人生をあなたを目的として生きていなかったことを認めます。自分自身のために生きていたことは間違いでした。私の人生にはあなたが必要です;私の人生にあなたを求めます。あなたの御子であるイエス・キリストが、私に命を与えてくださるために、カルバリの庶嚔ヒの上でその働きを完成してくださったことを認めます、そしてこの犠牲を通して無償で私に与えてくださる赦しを私は切望します。私の人生に主よ、今入ってください。私の心に住まわれ王となり、主となり、救い主として私を支配してください。これからはもう罪に支配されることも、また自分自身を満足させることもせずに、今から残りの生涯を日々あなたに従って行きます。これらの日々はあなたの御手の中にあるからです。このことを聖く尊いイエスの名によってお祈りします。アーメン。“
今日、あなたの罪を悔い改め、イエスを受け入れる決心をしたならば、神の家族へようこそ。さて、イエスに似た者として成長するために、聖書では、あなたの決心を実行に移しましょうと教えています。
  • キリストの命令であるバプテスマ を受けましょう.
  • キリストにあるあなたの新しき信仰を何方かに伝えましょう.
  • 毎日神との時を持ちましょう. 長い時間を費やす必要はありません. ただ神に毎日祈りをささげ御言葉を読む習慣を築きます. あなたの信仰が益し加わりそして聖書が理解で来る事を神にお願いしましょう.
  • クリスチャンとの分かち合いを求めましょう. あなたの疑問に答え、そしてサポートしてくれる信仰のグループを育てましょう.
  • 神を賛美礼拝出来る地方教会を見つけましょう.

今日あなたはイエスに従う者となりましたか? クリックして下さいハイ!又は いいえ

あなたは既にクリスチャンですか? ココをクリック


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


福音伝道

救いの計画
キリストの受難
救われる方法
赦しの祈り
罪人の祈り
ローマ街道
神さま助けてください
クリスチャンになる
救いの祈り

礼拝
親交
弟子訓練
奉仕の働き
 
 
自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか??
神とは誰ですか?
イエスは神ですか?
如何してキリスト教ですか?
神と共に成長
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
捜す
 
Add 救いの祈り to My Google!
Add 救いの祈り to My Yahoo!
XML Feed: 救いの祈り
神 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2019 AllAboutGOD.com, 著作権所有.